愛され葉酸 効果的な飲み方

葉酸サプリの「愛され葉酸」は、効果的な飲み方は?

今回は、葉酸サプリの「愛され葉酸」の効果的な飲み方についてお伝えします。

 

【葉酸サプリの「愛され葉酸」の効果的な飲み方について】

 

<葉酸サプリの「愛され葉酸」の飲む量について>

 

基本的に、葉酸サプリの「愛され葉酸」は医薬品ではないので、1日に飲む量は決められていません。

 

妊娠前、妊娠中のサポートを考えた時の効果的な飲み方は、1日3粒ずつ飲むことです。

 

厚生労働省が呼びかけている一日の葉酸の必要摂取量は400μg(0.4mg)を、1日3粒の「愛され葉酸」を飲めば摂取することができるからです。

 

妊娠1ヶ月前から葉酸を摂取することがすすめられているので、その時期に合わせて、タイミング良く1日3粒飲むことができれば理想通りですね。

 

<妊婦さんを助ける効果的な飲み方>

 

葉酸サプリの「愛され葉酸」で、一日の葉酸の必要摂取量は400μg(0.4mg)を摂取することは妊婦さんを助ける効果的な飲み方になります。

 

葉酸は、着床(妊娠の成立)しやすい子宮環境を整えるためにも必要な栄養素です。葉酸は、細胞の分裂や増殖を促して、子宮内膜を強化する働きがあるそうです。

 

<非妊時と妊娠時の違い>

 

厚生労働省が呼びかけているのは、一日の葉酸の必要摂取量は400μg(0.4mg)です。
ドクターたちの中には、目安として、一日に摂取したい葉酸の量は非妊時が240μg、妊娠時では480μgという数値を挙げている人もいます。

 

一つの参考にして、「愛され葉酸」を飲む量を調整するのもいいと思います。

 

<葉酸以外にも補給できる成分>

 

「愛され葉酸」を摂取することで、葉酸以外にも補給できる成分があります。それは、乳酸菌(クリスパタス菌)、DHA、低分子カルシウム、ビタミン、ミネラルなどです。

 

母子ともに必要な成分なので、毎日、摂取し続けることで母子の健康が守られます。

 

たとえば、クリスパタス菌は、哺乳類の消化管や口内、膣内に存在する乳酸菌の一つで、膣内で感染症を引き起こす細菌の侵入や増殖を抑制して膣内の環境を整える効果があると言われています。

 

DHAは、赤ちゃんの脳を発達に役立つと言われています。不足しがちなカルシウムも補うことができます。また、ミネラル類は、赤ちゃんの骨格形成に必要不可欠な成分です。

 

そして、ビタミンB6はつわりを楽にしてくれます。ビタミンCはミネラルの働きをビタミンCがサポートしてくれるので、鉄欠乏性貧血になりやすい妊婦さんを助けてくれます。

 

以上のように栄養成分が豊富な「愛され葉酸」の粒は、形状も大きさも味も飲みやすくなっていますので、毎日、上手に摂取していってくださいね。

 

【まとめ】

 

以上、葉酸サプリの「愛され葉酸」の効果的な飲み方についてお伝えしました。
妊娠前、妊娠中のサポートを考えた時の効果的な飲み方は、1日3粒ずつ飲むことです。

 

葉酸サプリの「愛され葉酸」に関心のある方は、公式通販サイトを覗いてみてください。

 

>>愛され葉酸の詳細はこちら

関連ページ

妊娠中に良い葉酸も副作用があるって聞いたけど、「愛され葉酸」は?
妊娠中に良い葉酸も副作用があるって聞いたけど、「愛され葉酸」は大丈夫なの?葉酸の副作用と妊娠中の「愛され葉酸」の摂取について