愛され葉酸 妊娠中

妊娠中に良い葉酸も副作用があるって聞いたけど、「愛され葉酸」は大丈夫なの?

葉酸は妊娠中に積極的に摂取するように呼びかけられています。
その一方で、葉酸を過剰摂取すると副作用があると聞いたことがありませんか?

 

なんだか、混乱してしまいますよね。
そこで今回は、葉酸の副作用と妊娠中の「愛され葉酸」の摂取についてお伝えします。

 

【葉酸の副作用と妊娠中の「愛され葉酸」の摂取について】

 

<1日の必要摂取量>

 

ドクターさんたちがサイトで紹介しているのを見ると、葉酸の1日の必要摂取量は次のようになっています。

 

非妊時(通常):240μg/日
妊娠中:480μg/日
授乳中:340μg/日

 

でも、これらの量は食事だけでは、なかなか補えないということで「葉酸サプリメント」が需要があるようです。

 

厚生労働省が葉酸の摂取を呼びかけているのは、胎児の神経管閉鎖障害のリスクを減らすためでもあります。

 

それで、食事以外にサプリメントや強化食品で1日400μgの葉酸を摂ることが推奨されています。その期間は、妊娠の1ヶ月以上前〜妊娠3ヶ月が目安です。

 

<上限はあるの?>

 

それでは、副作用が心配される過剰摂取についてですが、1日の葉酸の摂取量の上限を調べてみました。

 

どこで確認しても、副作用が心配される葉酸の過剰摂取量は1000μg以上です。
1000μgまでなら、大丈夫ということなんですが、やはり、サプリメントや強化食品では1日400μgを守る方が安心できます。

 

また、オーストラリアでは、次のような研究結果があるようです。
『妊娠後期(30〜34週)に、葉酸を高用量補足(1日1000μg)すると、胎児の小児喘息のリスクが25%高まる』

 

<過剰摂取すると、どうなるの?>

 

それでは、過剰摂取すると、どのような副作用があるのか?
よく言われていることとしては、食欲不振、吐き気、不眠症、むくみ、発熱、蕁麻疹、紅斑、かゆみ、呼吸障害、亜鉛の吸収率低下などがあげられます。

 

また、先ほどのオーストラリアの研究結果の「胎児の小児喘息のリスクが25%」というのも含まれます。

 

<愛され葉酸について>

 

基本的に、葉酸サプリの「愛され葉酸」は医薬品ではないので、1日に飲む量は決められていません。また、妊娠中も「愛され葉酸」は安心して飲めます。

 

厚生労働省が呼びかけている一日の葉酸の必要摂取量の400μg(0.4mg)は、1日3粒の「愛され葉酸」を飲めば摂取することができるようになっています。

 

妊娠1ヶ月前から葉酸を摂取することがすすめられているので、その時期に合わせて、タイミング良く1日3粒飲むことができれば理想ですね。

 

細かいところまで注意したい場合は、最初にお伝えした1日の葉酸の必要摂取量を参考にしてください。

 

非妊時(通常):240μg/日
妊娠中:480μg/日
授乳中:340μg/日

 

また、過剰摂取量の目安は、1日1000μgまでです。

 

【まとめ】

 

以上、葉酸の副作用と妊娠中の「愛され葉酸」の摂取についてお伝えしました。

 

葉酸サプリの「愛され葉酸」に関心のある方は、ぜひ、公式通販サイトをご覧ください。

 

>>愛され葉酸の詳細はこちら

関連ページ

葉酸サプリの「愛され葉酸」は、効果的な飲み方をご案内!
葉酸サプリの「愛され葉酸」は、効果的な飲み方は?葉酸サプリの「愛され葉酸」の効果的な飲み方について